入れ歯の上手な
歯科医院の見分け方

Denture Treatment

「入れ歯が合わなくなって最近食べにくいな」
「随分と時間が経つから、そろそろ入れ歯を作り直したいな」
「うちのおばあちゃんの入れ歯を作り直してあげたいな」

こんな時に、どこの歯医者に行けば良いのかわからず、インターネットの口コミや評判を聞いて歯医者さんを選んで、入れ歯を作ったけどなかなか咬める入れ歯と出会うことができなかったということは、ありませんか?実際、入れ歯治療のために名古屋駅前デンタルクリニックに来院する多くの患者さんは、入れ歯を作ったけれども痛くてかめない、入れ歯がすぐに外れてしまい食事が食べにくいなどのお悩みで来院されます。入れ歯を上手に作るためには一体何が必要なのでしょうか?このページでは、入れ歯を作るのが上手な歯医者さんの見分け方や上手に作るためには何が重要なのかについて、下記の5つの視点から順を追って解説させて頂きます。

  • きちんと話を聞いてくれる
  • いろいろな入れ歯治療の選択肢がある
  • 保険でもしっかりと入れ歯を作る
  • お口の中を優しく触って丁寧に治療する
  • 経験豊富なベテラン歯科医師が対応する

Denture Treatment

入れ歯の患者さんは高齢な方が多いので自然と会話が長くなります。入れ歯治療の中でも患者さんとのコミュニケーションは非常に重要です。実は歯科医師は、ただ皆さんのお話を聞いているだけではなく、入れ歯が上手な歯医者さんの場合は、患者さんのお話している声の発音を聞いて、入れ歯のかみ合わせが高いのか?低いのか?などの判断をしています。また、お話ししている内容から入れ歯が合わない原因・場所はどこなのかやどのくらい入れ歯を調整すればよさそうなのかを判断しています。名古屋駅前デンタルオフィスでは患者さまの声にできる限り耳を傾けています。

Denture Treatment

患者さん一人一人お口の中が違うため、入れ歯の治療はその治療方法も様々です。また残っている歯の本数によって治療方法も違います。入れ歯の治療に慣れていて上手な歯医者さんは、患者さんのお口の中を見て、ある程度入れ歯の治療をするために注意深く見る場所を予測をすることができ、治療方法も1つだけではなく服すの治療の選択肢提示することができます。また、部分入れ歯の場合は金属のバネの部分が相手から見えてしまうので、できるだけ見えないように作って欲しいなどのご要望があれば、ぜひご相談ください。

Denture Treatment

保険診療でしっかりと咬める入れ歯を製作する際には使用できる材料に制限があります。そのため入れ歯の寿命が短くなりがちです。入れ歯のチカラのかかり方などを工夫することにより寿命や調整の必要有無などは変わってきますので、保険でもしっかりと入れ歯を作ってくれる診療経験の豊富なベテランの歯医者さんを探したほうが望ましいといえるかもしれません。

Denture Treatment

入れ歯の治療は、お口の中の調整を何度も繰り返すことにより行われます。最初からぴったりと合う入れ歯を作ることができないため、丁寧で優しい治療を行うことに配慮している歯科医院で治療することが望ましいと思います。また、部分入れ歯の場合、健康な歯に金属のばねをひっかけて作るので健康な歯がなるべく傷つかないように治療してもらうことが重要です。

Denture Treatment

入れ歯の治療でもっとも重要なことは、臨床経験が豊富な歯科医師かどうかです。当院では保険診療も自由診療も、患者さま一人ひとりのお口の状態に合わせてオーダーメイドで作製した個人トレー(型取りに使う道具)を使用して、精密な型取りを行っています。また、入れ歯治療に30年以上携わっているベテランの歯科医師が担当しておりますので、これから入れ歯を作ろうとお考えの方、今お使いの入れ歯が合わずにお悩みの方も、ぜひお気軽にご相談頂けると幸いです。

Treatment of tooth decay 2

名古屋駅前デンタルクリニックにはそれがあります!